2013年08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
カテゴリ
 
月別アーカイブ
 

2013年08月

空手道部 全国高校総体(大矢2位・髙橋5位入賞)
2013.08.22
 

 本校空手道部の大矢真未選手と髙橋由衣選手がインターハイ女子個人形に出場し、すばらしい成績を収めました。高校3年間の集大成とも言うべき本大会で、両選手の活躍が光り、感動の4日間となりました。多くの方々からご支援・ご声援を頂き、ありがとうございました。

 

《大会名》『平成25年度全国高等学校総合体育大会 第40回全国高等学校空手道選手権大会』

《競技日程》平成25年8月6日(火)~9日(金)

《会場》長崎県佐世保市体育文化館

《出場種目》女子個人形 

《大会結果》大矢真未 第2位   髙橋由衣 第5位

 

インハイ集合写真.JPG

 感動と熱気に包まれたインターハイでした!

 
吹奏楽部(ブラス)コ​ンクール結果報告
2013.08.20
 

 8月16日に行われました、東京都高等学校吹奏楽コンクールBⅠ部門にて、本校初となる、金賞を受賞致しました。応援してくださったすべての皆様に感謝御礼申し上げます。これからも精力的に活動していきますので、私たちの演奏を是非聞きに来てください。

コンクール金賞.jpeg

 
「夏休みキャンパスツアー」予約受付終了のおしらせ
2013.08.18
 

「夏休みキャンパスツアー」は定員となりました。

 

なお,夏休み期間中の自由見学は随時受付けております。

ご予約は必要ございません。

土曜日・日曜日も見学が可能ですので,お気軽にお越しください。

※上履き不要

 

見学受付時間 10:00~16:00

(終了時間は校内が暗くなってしまうため,目安の時間です。

来校が16時以降になる場合でも,18時頃までは見学いただけます。)

 

募集要項配布開始日 8月17日(土)より

 
ニュージーランド語学研修⑳
2013.08.17
 

8月17日、早朝5時半にホテルを出発し、オークランド空港へ。

3週間過ごしたニュージーランドの景色も、これで見納めになるかと思うととても寂しく思います。

South Otago High School で過ごした日々の中で得られた経験は、大変貴重なものでありました。語学力の向上と共に、NZでの生活を積み重ねることで、お互いの文化や価値観を理解することが出来たと思います。視野が広がり、新たな発見もあったことでしょう。国境を越え、また言語の壁を乗り越えて築かれたSouth Otago High Schoolの生徒達との友情や、host familyとの絆も強く結ばれました。言葉は通じなくても、Kiwiの優しさを身をもって感じたことでしょう。それらの経験は、ニュージーランド語学研修に参加した17名の生徒達、それぞれの今後の人生の糧となり、支えとなることでしょう。

日本時間17日16時半に無事、成田空港に到着しました。21日間、誰一人として大きなトラブルもなく元気に過ごすことが出来ました。たくさんの保護者の皆様に迎えられて、早速、土産話に花が咲いていたようでした。

 
ニュージーランド語学研修⑲
2013.08.16
 

本日でBalcluthaを去ることとなりました。朝8時、host familyに見送られてきた生徒たちの中には、もうすでに涙で頬を濡らしている者もいました。昨日に続いて、最後の見送りに来てくれたBuddyもいました。ひしっと抱きしめ合い、言葉の壁を乗り越え、国境を越えて、友情を育んだ美しさが感じられました。また、たった3週間でも「家族」として生活してきたhost familyとの別れは辛く、悲しいものです。泣きながらHugをしたり、手を振り続けてくれたり…。生徒たちは皆可愛がられていたのだなと改めて実感しました。ついに別れの時です。全員のトランクには、ここBalcluthaで過ごした、一生涯で本当にかけがえのない素敵な思い出がたくさん詰まっているに違いありません。

 

バン2台で、Mr.DouglasとBarryさんがダニーデン空港まで送って下さいました。3週間前も出迎えてくれたのはお二人でした。そんなことを考え、もう会えなくなってしまうことの切なさがここでもこみ上げてきます。本当に、お世話になりました。

 

ダニーデン空港から2時間弱で、北島のオークランド空港へ。何事も問題なく、11:40分に到着しました。午後からはバスで半日オークランド市内観光をしました。人口130万人を超えるNZ最大の都市オークランドは、今まで過ごしていたBalcluthaとは全く異なる都市でした。またこちらは雨が降っていますが、より暖かく感じます。

 

バスの車窓から、パーネル通りの築100年程の家々やセントメリー教会を眺め、まずはオークランドドメインに途中下車。ウィンターガーデンを見学しました。温室を利用しており、ここでは色とりどりの花や、珍しい植物を目することが出来ました。続いて、バスチオンポイントへ。サベージメモリアルという記念碑の周りで記念写真。その後、ホテルへ向かいました。ホテル到着後は、街の散策に出かけました。最後の買い物を楽しんでいたようです。19時、全員でNZ最後の夕食をホテル内のレストランで。明朝5時半にはオークランド空港へ向けて出発、その後出国です。

出発.jpg

出発2.jpg

出発の時です!Host familyに見送られて☆

たくさんの見送り.jpg

多くの方がお見送りに来てくれました。名残惜しいです。

バルクーサ.jpg

See you☆ ~Balclutha~

オークランドに到着.jpg

無事、オークランド空港へ到着です!!

ウィンターガーデン.jpg

ウィンターガーデンにて☆温室の中の花が大変きれいです。

サベージメモリアル.jpg

サベージメモリアル付近で記念写真☆

最後のdeinner0.jpg

最後のdinner.jpg

NZで最後のdinnerの様子☆

 

 

 

 

 
オーストラリア語学研修
2013.08.15
 

 7月23日から8月12日の21日間にて行われたオーストラリア語学研修。大きなトラブルも起こらずに、参加生徒15名全員で全日程を終えることができました。

 

 ESLやHome Stayを通じで彼らの実践的な英語力も身に付いたでしょうか。ほんの数週間で劇的な変化を望むことは難しいことですが、日本語が絶対に伝わらない環境に身を置くことで、自分の思いを拙くとも何とか英語で表現しようとする姿勢と経験を手に入れられたことが、価値あることなのだと思います。英語環境の生活に浸ることで実際に話される英語の”早さ”には徐々に慣れ、以前よりしっかり聞き取れるようになったとの実感も得られたようです。上手く伝えられた嬉しさや上手く聞き取れなかった悔しさを糧に、日本での学習に繋げて欲しいと思います。

 

 語学研修と聞くと、英語力を伸ばすことがまず考えられますが、実際に生徒に一番心に残っているものを聞けば、約3週間を共に過ごしたBuddyやHost familyのことだと言うと思います。出会うまでは今までにない程の緊張と不安に包まれていましたが、生活を共にし、Australiaのあらゆるものを見させてもらいました。物事の考え方や生活スタイルも異なるため、何も問題が無かったわけではありませんが、自ら考え行動することで、他を理解すること、そして受け入れることの大切さを知ることができました。

 

 何よりも、人の優しさというものを心で感じられたと思います。

 

 日々を過ごしていく中で、全く違うBackgroundを持つ自分にこれ程の優しさが与えられることに感謝し感動していました。そこには国境や言語の壁などなく、本当の意味で人と人との繋がりが感じられました。人として大切なものが、心に届いたのだと思います。

 また、AustraliaとSingaporeの2ヶ国を通じて世界における日本の位置付けや、日本の当たり前が必ずしも海外では通じないことを知ることで、世界的な視野で物事を考える土壌を作ることができました。

 

 語学を越えるものを、海外に出て初めて感じられるものを、彼らは手にすることができたのだと思います。

 

 文部科学省は来年度から全国の100校を「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」として指定し、世界と戦える人材を育てるため、語学力のみならず、幅広い教養や問題解決力、国際感覚を養うための教育を始めます。

 

 今回の語学研修はそれに比べてみれば、ちっぽけなものなのかもしれません。しかしながらこの15人の生徒たちは、世界で生きて行くために大切な、それぞれに違う種を確かに心に植えつけられたと思います。仮に世界を相手にしない道を歩んだとしても、この語学研修で得たこと、感じたこと、そしてAustraliaでの全ての出逢いは一生の財産になるはずです。

 

 

 この21日間にどれだけの価値を持たせられるかは、これからの生き方次第です。生き方が変われば人生も変わります。これからは、これまでと同じ毎日を過ごすのではなく、“これから”をどう生きるのかを考えて、出会えた全てに胸を張っていられるように、日々を一生懸命に過ごして欲しいと思います。

 

 

 世界に一つだけの花を咲かせるために。

 

 

Very special thanks to

Grace Lutheran College, host families, and everyone who helped and supported us to make this language study abroad in Australia a fabulous success!

 

 

NT1.jpg   Grace1.jpg

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑱
2013.08.15
 

午前中~Lunch Timeは、Buddyと共に過ごす最後の時間となりました。来た当初は、英語力に不安を抱え、「Thank you・I’m sorry・Yes/No」の言葉でしか反応できなかった生徒たち。3週間経ち、徐々に自信が持てるようになり、今ではほとんど不自由なく、積極的に会話を楽しみ、冗談を交え笑い合っています。そんな彼らの成長を目の当たりにし、本当に嬉しく思っています。

 

Period4はSouth Otago High Schoolの通りの向かいにある、Rosebank Schoolにお邪魔することになりました。日本語クラスもある様ですが、この学校の小学校5.6年生にあたる児童との交流です。まず、名前、年齢、出身、好きなこと、NZにきての素晴らしいと感じたことの5つの項目をもって自己紹介をしました。小学生たちは「異国の地から来た、お兄さん・お姉さん」に興味津津。自己紹介を終えると早速インタビューが始まります。疑問に感じたことをどんどん質問したり、覚えていた日本の数字を読み上げたり…。その後、折り紙・切り絵・剣玉などで交流を図りました。また、「自分の名前を日本語にするとどうなるの?」という小学生からの質問に、生徒が「Abbey」を「あびぃー」と表記したところ、「―」の意味について不思議そうにしていたのも印象的でした。くしくも本日8月15日は終戦記念日。小学校の窓には千羽鶴が飾られており、毎年広島へ送っているのだと小学校の担任の先生から伺いました。せっせせっせと鶴を折る小学生を見て、胸がジーンと熱くなりました。

 

Period5は15:30から始まるAfternoon tea partyに向けて、準備です。飾り付けや、歌の練習など。力が入ります。

Afternoon tea partyには、host familyやbuddyも参加し、盛大なお別れの会となりました。まず、副校長Mr.Douglasからの研修の総括としてお話をいただき、こちらも田口先生が感謝の意を伝えました。その後、Mr.Douglasから、引率教員の私たちはプレゼントをいただきました。また生徒たちには、3週間付き添い、温かく見守ってくださっていたRachelから、研修プログラムの修了の証として、South Otago High Schoolの校章が一人一人に手渡されました。きっと一生の宝物になるに違いありませんね。今回の語学研修NZ班のリーダーであるYuta(副島くん)が代表として堂々とスピーチした後、パフォーマンスに移りました。日本では4回程の練習機会しかありませんでしたが、「Sukiyaki」と「ハナミズキ」を、全員が心一つにして、感謝の想いをのせて立派に歌い終えることが出来ました。パフォーマンスを無事に終えて、tea timeです。お菓子やジュースを片手に、host familyやbuddyとこれまでの生活を振り返りつつ談笑したり、また、写真を撮ったり。名残惜しいのでしょう、抱き合い、涙する生徒もいましたね。あっという間3週間だったと口をそろえて話す生徒たちを見て、それだけ充実した素晴らしい研修だったのだと思います。ESOLやQueenstown trip、HAKAの授業へ参加、ZUMBAやNetballなどのアクティビティ、bakery訪問、遠足、小学校訪問…駆け足で過ぎていった3週間の中にも貴重で、大変思い出深いプログラムを企画して下さったSouth Otago High Schoolの先生方には心から感謝しています。また温かく私たちを迎えて下さったhost familyの皆さん、交流してくれたbuddyやSOHSの生徒たち、親切にしてくださった街の皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、partyを終えてhost familyと帰っていく生徒たち。今日は、host familyと過ごす最後の夜です。どのように過ごしているでしょうか?明日の別れの時が近づいている今、かけがえのない時間を大切に過ごしていることと思います。

小学校へ.jpg

Rosebank school☆小学校訪問しました!

折り紙1.jpg

折り紙の本をもとに早速作ってみよう!上手く教えられるのでしょうか!?

折り紙2.jpg

剣玉.jpg

剣玉もお見事!!

修了.jpg

修了の証をいただいています。

合唱.jpg

感謝の思いをこめて☆「Sukiyaki(上を向いて歩こう)」「ハナミズキ」~♪

別れ.jpg

別れ1.jpg

別れ3.jpg

別れ2.jpg

名残惜しい別れが待っていました。

集合写真.jpg

3週間、温かく見守り、支えてくださった、かけがえのない「Family」と共に☆

 

 

 

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑰
2013.08.14
 

昨夜から続く雨と強風で、今朝は本当に寒い朝となりました。しかし10時くらいにはすっかり良いお天気に。NZの天気が変わりやすいのも特徴です。

 

さて、本日も月曜日と同様です。Period1はMrs.DouglasによるESOLを受ける組と、New Worldというスーパー内のbakeryへ見学に行く組とに分かれて行動です。ESOL組は自分だけのパンフレット作りをし、これまでの思い出を一つ一つ振り返りながら真剣に作成していたようです。一方、Mrs. Rachelと共にバンに乗りこみ、bakery組はNew Worldへ。いざ見学です!朝の4時からパンの仕込みを始めるそうで、私たちが見学する頃には様々な種類のパンがすでに焼き上がり、出来たての香ばしい香りが漂い、美味しそうなパンが店頭に並べられていました。Bakeryのmanagerさんがパンの焼き上がるまでの工程を詳しく説明してくださいました。生地を練る・伸ばす・発酵させる機械や、パンを実際に焼く機械などを見て、何度も発酵させたり、丁寧に時間をかけて焼きあげる様子を知ることが出来ました。焼きあがったパンは一つ一つ丁寧に取り出し、パンの熱を取るための扇風機のついた部屋へ運び込まれます。ここで休ませた後、デコレーションやトッピングをして、店頭へ並べます。普段何気なく食べているパンでもこのような手順で作られているとは、今まではあまり関心がなかったかもしれませんね。見学後、出来たての甘いケーキの香り、焼きたてのパンの芳しい香りに誘われて、早速パンやケーキ等を買っていた生徒もいたようです。

 

Period2・3はBuddyと共に授業を受けました。

 

Lunch Timeの後のPeriod4は、昨日に引き続きClimbing Wallに挑戦です。Assistant PrincipalのMr.Glen Wardに手解きを受けます。まずは、体育館に設置された9メートルのClimbing Wallを安全に登りきるために、ロープとハーネスを装着します。クライミングの登り方としては手→足→手→足の順番で動かし、手は身体を支える程度の力で、基本的は持久力もある足の力で登っていくのだとMr.Glenからコツを教わり、さあ、挑戦です。昨日のアクティビティでClimbing Wallは経験していたものの、本格的な本日のWallに苦戦です。それでも見事に9メートルを登りきる生徒もおり、Mr.Glenから「Well Done」とのお褒めの言葉とHug。ZUMBAやNet Ballに引き続き、日本でもまた挑戦したいと思えるようなアクティビティがまた1つ増えましたね。

 

Period5は明日のAfternoon tea partyの準備に全員で取りかかりました。詳しくは明日まで、乞うご期待!!

混ぜjpg.jpg

Bakery☆生地を混ぜています。

生地まるめ.jpg

Bakery☆生地を練っています。

店頭へ.jpg

Bakery☆焼きあがったら店頭に並べます。

早速購入.jpg

Bakery☆早速購入!!おいしそうなチョコレートマフィンですね。

ハーネスとロープ.jpg

Climbing Wall☆ハーネスとロープをつけよう。

CW1.jpg

Climbing Wall☆手→足→手→足の順番ね!!

9メートルの高さ.jpg

Climbing Wall☆9メートルの高さは3階建ての高さにほぼ等しいそうです。

 

 
ニュージーランド語学研修⑯
2013.08.13
 

今日は「Catlins/Tautuku Trip」ということで、遠足です。学校前のバス停に集合し、Keisukeのhost father,Mr.BarryとMr.Douglasが運転するミニバン2台に乗りこみ、さあ、どんな素敵な1日となるのでしょうか?

 

9:00~霧が立ち込める中、出発です。まず向かったのは「Prakaunui Falls(プラカウヌイ滝)」。滝までは森林の中を歩いていきます。珍しい植物も見ることができ、またどこかで鳴いているBell birdの美しいさえずりにも耳を傾けることが出来ました。10分ほど歩いて滝に到着です。落差は20メートル程、3段の滝が階段状に連なります。マイナスイオンもたっぷりでした。

 

続いて向かったのは「Florence Hill lookout」。海を眺めながら写真撮影。絶景です。その後は、海岸に降りてみました。(「Tautuku Bay」)強風で、波も荒々しく砂浜に打ち寄せる中、ビーチサンダルに履き替え、水着になり海へ飛び出していく生徒も…!!彼は海に入れるように準備万端で遠足に臨んだようです。いざ、寒中水泳!!それを見ていたMr.Douglasから「Well done!(よくやった!上手いぞ!)」とお褒めの言葉をいただきました。

 

午前中はよく歩きました。お昼はロッジに向かい、ピクニックです。Host motherが作ってくれるお弁当を食べるのも、あと数日です。よく味わって食べます。

 

昼食後は、Climbing Wall(クライミングウォール)に挑戦です。よじ登るための突起がつけられた壁を、生徒たちは手をかけ、足をかけ登ろうと試みます。なかなか難しいようです。また、登ったものの降りてこられなくなってしまい、友人のアドバイスを得てなんとか降りてくる生徒もいました。また明日、挑戦しましょう!!

 

再びバンに乗りこみ、「Lake Wilkei(ウィルキー湖)」へ。氷河時代の後にできた湖です。NZの中では、水苔から森林への4段階の成熟が一度に見られる湖として、大変貴重な場所だそうですね。湖の水面に映る森林の綺麗です。

 

最後に、「Tunnel Hill, Owaka」に向かいます。246メートルのトンネルは2年間のうちにシャベル等で掘られたものです。1890年代から1971年に閉鎖されるまで、Balclutha–Tahakopa鉄道線として、木材を運ぶために使用されていたそうです。現在は、重要な史跡の一部となっています。246メートルのトンネルの中を皆で歩きますが、真っ暗で足下も見えません。すぐ側では、トンネルの壁をひたひたと水が伝う音が聞こえます。ただ、ただ前方のトンネルの明かりを手懸りに、必死で歩を進めます。246メートルってこんなに長かっただろうかと錯覚するほどでした。

NZの大自然の中を、満喫した遠足となりました。

prakaunui1.jpg

prakaunui2.jpg

Prakaunui Falls☆滝は少ししか見えませんが、記念に1枚!

lookout.jpg

Florence Hill lookout☆

寒中水泳0.jpg

Yukiteruを心配そうに見守る、他Boys☆

寒中水泳.jpg

寒中水泳☆南極にほどちかい海ですからね~「Well done!」

こんな光景も.jpg

こんぶで綱引き.jpg

海藻で綱引き!?

lunch.jpg

Lunch Time☆しっかり食べて午後に備えましょう!!

wall.jpg

Climbing Wall☆

ウィルキー湖.jpg

Lake Wilkei☆

tnnnel.jpg

Tunnel Hill, Owaka☆トンネルの先には何が待つ?

 
オーストラリア語学研修 ⑳
2013.08.12
 

  5:30にモーニングコールが入り、2ヶ国をまたいだため荷物も多くなり、預入手荷物の重量が気になりながらもホテルロビーに集合しました。朝食の時間が早すぎたため無理を言ってレストランを開けてもらい、貸し切り状態で最後の食事をとりました。

バスの車窓からこの旅最後の海外での朝日を浴びながら、空港へと向かいました。心配していた預入手荷物の重量もみんな何とか無事に乗り切り、出国審査も終えて成田への出発を待つだけとなりました。成田へは約7時間のフライトです。

 

機体が大きく揺れることがありスリルを味わいながらも、15人全員で安全に日本に帰国することができました。

 

5月から始まったオーストラリアの語学研修チームもこれで解散となります。初めは知らない者同士の集まりで、分かり合えないこともありましたが、事前学習など同じ時間を過ごすことで、さらにAustraliaについてからは互いの隔たりも消えていきました。

この21日間、誰ひとり欠けることなく毎日元気に過ごすことができて本当に良かったと思います。ツライことや寂しい思いをしても、助け合い支え合い慰め合いながらいた、この15人全員を大切に思います。

 

3週間同じ気持ちでいつも共に過ごした仲間と別れられず、成田をなかなか離れられずにいました。

 

今日は帰路に向かいながら、戻る国があること、帰る家があること、待っていてくれる家族がいることの幸せを感じてくれたらと思います。

 

2013.8.12 Japan.jpg

 
ニュージーランド語学研修⑮
2013.08.12
 

本日はどんよりとした天気で、朝から雨も降っています。

小雨ではありますが、いよいよNZに来て初・傘の出番かと思いきや、鶴ケ丘の生徒たちはすっかりkiwiのライフスタイルになったようで、誰も傘をさしません。

Period1はMrs.DouglasによるESOLを受ける組と、街中にある唯一のスーパー、New World内のbakeryへ見学に行く組とに分かれて行動です。今日、bakeryに行かなかった生徒は水曜日に行く予定です。

ESOLでは、3週間の滞在のまとめの作業です。課題は、3週間の軌跡として、自分だけのNZ滞在パンフレット作成です。まずは、表紙とタイトルを自分で考えること。そして、内容は3つの質問について自分でふり返り、紹介すること、となりました。以下、課題の質問です。

①The 3things you enjoyed(liked) best.

②What did you find surprising?

③What advice would you give next years students?(2things)

素敵なパンフレットを作ってくださいね!

 

Period2・3は、buddyと授業です。

 

Period4・5は、街のアリーナにて、Netball(ネットボール)をしました。先週ZUMBAを教えて下さったMrs. Kupaから、指導を受けます。Netballとは、日本では馴染みが薄いスポーツの1つかもしれません。全員が本日、初体験でした。まずは基本動作のパスとシュートの練習をしました。

Netball は7人制です。ポジションは、

GS(ゴールシューター)→点取り屋。

GA(ゴールアタック)→GSと共にシュートが打てる攻撃の要となる。

WA(ウィングアタック)→攻撃に加わり、前線へボールを供給する。

C(センター)→チームの司令塔。サークル以外どこへでも移動可能。

WD(ウィングディフェンス)→守備的なポジションで前線にボールを送る。

GD(ゴールディフェンス)→GKと共に守備。

GK(ゴールキーパー)→シュートを防ぐ。

それぞれのポジションには、コート内の移動範囲が決められています。これを理解するのがなかなか難しかったです。また、バスケットボールに近いスポーツなのですが、異なる特徴として、Netballではドリブル禁止、ボールを持つ選手への身体接触も禁止です。いざ試合となると、頭では理解していながらも、ドリブルや身体接触の反則が出てしまいます。男女混合のチームで、全員が参加しました。点が入るかというここ一番のときは声を出し合って応援したり、拍手をし合ったり、反則の多さに笑いあったり…仲間としての絆も改めて強くなったように感じます。

パンフレット1.jpg

ESOL☆自分だけのオリジナルパンフレット作り中です。

パンフレット2.jpg

ESOL☆パンフレット作り~表紙~ by Itsuki

雨が降っていてもへっちゃら.jpg

外が雨でも平気!皆元気いっぱいです!!

カリーナ.jpg

ルールが難しい.jpg

Mrs. KupaからNetballのポジションについて説明を受けています。

NetballはNZではとても盛んで、5歳くらいから始める子が多いそうです。女子高生にも人気があります。

netball0.jpg

netball.jpg

白熱.jpg

Netball☆次第にルールが分かり始めると、白熱したゲームになりました!!

 
オーストラリア語学研修 ⑲
2013.08.11
 

 Singapore自主研修の今日は、朝からあいにくの雨に遭ってしまいました。ここのところ毎日のように朝に雨が降り、日中になると日が差してくるのだとGuideさんが言っていました。

バイキングの朝食を終えHotelを8:30に出発し、自主研修の本部となるOrchard RoadにあるDuty Free Shopまで地下鉄に乗り全員で向かいました。そこからグループごとに自由にSingaporeの街へ繰り出しました。タイミングよく9時過ぎには雨も上がり、晴れ間も見えてきました。

 

Singaporeは東京都の1/3程度の広さではありますが、そこには多文化が共存し合っています。中国系、マレー系、インド系を中心で構成される多国籍民族国家です。電車の中の表示は英語、中国語、マレー語、タミル語で記載されています。近代化が進んでおり、NYの5番街や日本の銀座のようなShopping Streetやリゾート開発が進んでいるようです。

2013.8.11 Singapore 1.jpg

 

Shoppingを目指した生徒たちはOrchard Roadを中心に歩き回っていました。お店がたくさんありすぎて、どのShopping Centreに、どのお店に入ったらいいのか迷うくらいでした。

2013.8.11 Orchard Road.jpg

Orchard Roadはたくさんのブランド店やShopping Centreで埋め尽くされています。  

 

Singaporeと聞いて思い浮かべるものは何でしょう?きっとMerlionを描いた人が大勢いると思います。Singaporeを代表する観光地Merlionを見にいったグループもありました。Merlionの対岸には、Merlionと並びSingaporeの新しいアイコンである地上200mに航空母艦のようにフラットで広大な屋根をもつMarina Bay Sands。SMAPがCMのロケをしていたことでも知られています。

2013.8.11 Mer 1.jpg

2013.8.11 Mer 2.jpg

いつでもたくさんの観光客で賑わっているSingaporeのシンボルMarlion (2枚)

2013.8.11 MBS.jpg

Singaporeの新名所!Marina Bay Sands。サッカーコート3面以上の広さを持つ屋上にあるプールはあまりにも有名!

 

また2010年にオープンしたUniversal Studio Singapore (USS)でほぼ1日中楽しんでいた生徒たちも。USSには24のアトラクションがあり、そのうち18のアトラクションはここSingaporeだけでしか楽しめないので、生徒たちの自慢になるようです。

2013.8.11 USS 1.jpg

 

 

 夕食も持ち帰るほど、集合時間ギリギリでHotelへ駆け込むグループが多く、道に迷うこともなくそれぞれにSingaporeを満喫してくれていました。Singaporeの英語はSinglishと呼ばれるほどAustraliaとは違い、訛りのようなアクセントを持ち、また違った英語を体験することもできました。

2013.8.11 Train.jpg

東京に住んでいれば複雑な地下鉄利用もお手の物でした。Power of Tokyo!

  

明日が帰国の日です。7月23日から始まったオーストラリア語学研修もいよいよ最終日となってしまいました。振り返ればあっという間なものです。帰れる場所があることを幸せに思いながら、15人全員で帰国の途に就きたいと思います。

明日はまた早朝の出発です。このメンバーでいられる時間もあとわずかです。大切に夜を過ごして欲しいと思います。

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑭
2013.08.11
 

昨晩は雨が降り、寒い夜でしたが、本日は晴天です。

絶好のアクティビティ日和。ということで、今日は馬に乗りに行くことになりました。

【Horse Trekking】

 馬の息遣いを感じながら、大自然の中を悠々と移動します。2メートル以上の馬上から眺める気色は、普段と違い一味違う魅力があります。大草原からSurat bayに抜け、砂浜を歩いていますと、Sea lions3頭とも出くわすなんてことも…。雄大な自然の中で、馬と一体になり、のんびりとした時間を過ごしました。

 

お宅訪問第2弾。本日は、South Otago High Schoolの副校長、Mr.Douglasのお家へお邪魔させていただきました。奥さまはESOLの授業を担当して下さっているMrs.Douglasです。そしてDouglas家にhome stayをしている上村くん(以下Rei)。楽しい一時を過ごさせてもらいました。

明日からまた学校です。NZ滞在も残り僅かとなってきました。やり残したことがないように、何事にも真剣に向き合っていきましょう。1分1秒を大切にね。

ht2.jpg

Horse Trekking☆田口先生の馬はVarchi(ヴァーチ)とい名前で15歳。

大草原と小さな羊たち.jpg

Horse Trekking☆丘の上から眺めたら、「大草原と小さな羊」。写真中央に群れているのは生まれて1年未満の子羊たち。

馬上から.jpg

Horse Trekking☆馬上から見る気色は格別です!!

Douglas家.jpg

Mr.Douglas and Rei☆ Douglas家でのDinnerの様子です。ワインで調理したラム肉など、美味しい手料理を振舞ってくださいました!!

パバロバ.jpg

この真っ白いフワフワしていそうなケーキはPavlova(パバロバ)と言います。個人的にはNZで是非とも食してみたい料理の1つでした。しかもMrs.Douglasお手製です。パバロバとは、メレンゲをふんわり焼き上げたケーキに、その上を生クリームでおおい、キウイフルーツをのせたNZ伝統的スイーツです!!そして右手に見えるのはTIP TOP製のアイスクリーム!

 

 

 
オーストラリア語学研修 ⑱
2013.08.10
 

  8月9日、学校には昨夜の寂しさがまだまだ残っているような早朝5:45分。こちらの季節はまだ冬。気温7℃の暗闇の中、Host familyに連れられて生徒たちが集まりました。メールやSNSで連絡を取り合えるとはいえ、今の気持ちで一緒にいられるのはこれで本当に最後となります。

別れを惜しみ、中々バスへ足取りが進まず、乗り込ませるのは後ろ髪が引かれる思いでした。

Host familyは空港へ出発したバスを学校の門の外まで追いかけ、見送るとともに再会を願いながら大きく大きく手を振っていました。

車内では、生徒たちは過ごした日々を振り返っているようでした。その表情には別れの悲しみの中に、やり遂げた充実感が溢れているようでした。

2013.8.10 Bye.jpg

 

 

 Brisbane空港でも、もう1つの大きな別れが待っていました。このBrisbaneやGLCでの18日間、いつもそばにいてくれたコーディネーターYoshikoさん。Home Stayで何かあればいつも相談に乗ってくれました。Buddyと上手くいかないときには、いつでも間に入って不安を和らげてくれました。楽しいことがあれば嬉しいことがあれば、辛いことがあれば、いつだって話を聞いてくれて、いつだって私たちのために行動してくれました。時にはカメラマンとして、私たちの思い出を残してくれました。Yoshikoさんの存在なしに、これほど充実したBrisbaneでの日々を送れませんでした。みんなYoshikoさんと出会えてよかったと思っています。

 

コーディネーターという枠を越えて、生徒全員と良い関係を築いて助けてもらえたことを、心から感謝します。

 2013.8.10 Yoshiko.jpg

 

 

 Brisbaneから向かうはSingapore。暑い夏が待っていました。Brisbaneは冬でも暖かいとはいえ、Singaporeの気温や湿度はAustraliaへ出発する前の東京の夏を思い出させるのに十分でした。

2013.8.10 Singapore.jpg

Hotelのチェックインを終え、夕方6時まで少し休んでからレストランへ夕食を取りに行きました。寄せ鍋のようなものを食べましたが、Australiaとの食事の違いや、Singaporeの人々の人柄を知ったようでした。とても楽しい、初めての全員での夕食となりました。 メーヨ

2013.8.10 Dinner.jpg

 

HotelではSecurity Boxが動かないなどもありましたが、日本であまりないことも海外では起こりえます。日本がWorld Standardだと思うと少し世界とのズレが生じてしまうこともあります。

 今年からSingapore経由での語学研修となったため、2ヶ国の文化や風習を体験することができました。国が違えばルールも考え方も、そこにある当たり前も違います。今回は2つの国を見ることができたので世界での日本の位置や、生徒たちの他を受け入れるキャパシティーも広がったと思います。

 

 明日は終日Singaporeの自主研修となります。Brisbaneで得た英語でのCommunication能力をいかんなく発揮する好機となってくれたらと思います。

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑬
2013.08.10
 

生徒たちにとってこの週末は、NZに来てからhost familyと過ごす最初で最後の週末になります。皆どんな週末を過ごしているでしょうか?

さて、引率教員にとってもNZで過ごす唯一の週末です。本日の様子を少しお知らせします。

 

11:00~晴天で、あまりにも気持ちがいいので本日は車ではなく、歩いて学校のグランドへ。そこではRugbyの試合があり、昨日のマオリ(伝統舞踊)の授業で、私たちにHAKAを押してくれていた生徒が、選手として活躍していました。昨日のあどけない様子とは一転、闘争心むき出しでタックルしに行く様子は、勇ましい!South Otago High School teamが見事勝利しました!!

 

グランドで試合を観戦していたところ、平野くん(以下Yukiteru)と副島くん(以下Yuta)に出会いました。Yukiteruのhost father,Tomが連れて来てくれたそうです。彼等は観戦の前に、農場見学などをしてきたそうで、充実した余暇を楽しんでいるようでなによりでした。急な提案でしたがTomからのお誘いを受け、本日Dinnerにお邪魔することになりました。

NZに来てから、NZ人・kiwi(キウイ)は温かく、フレンドリーで、細やかな気配りが出来る方が大変多いと感じています。私たちのような訪問者を心から歓迎して下さると共に、ここでの出会いを大切にし、また楽しく食事や会話を共有することが出来る方々たちばかりです。

本日お会いした、平野くんのhost family、副島くんのhost motherも素敵なkiwiでした。

rugby1.jpg

rugby2.jpg

Rugby☆赤と紺のユニフォームを着ているのが、South Otago High School teamです。見事、勝利しました!!

練習は、学校がある日に1回、週末1回(試合の時も有り)ということで週2回程の練習だそうです。

日本の部活動とは異なりますね。

netball.jpg

Netball☆女の子たちはアリーナにてnetballを楽しんでいます。こちらも週1回程度の練習のようです。

Clutha river.jpg

Clutha River☆バルクルーサの町を横切る、ニュージーランドで最大の流域面積を誇る雄大なクルーサ川です。

天気がよく、橋が川面に反映されていて綺麗です。

Tom.jpg

客人が来た時、BBQをする時は特に男性が食事を作ることが多いようです。

NZの男性は家事に積極的で、料理、洗濯、掃除、子供の送り迎え等、なんでもこなすそうですよ。

ということでYuta and YukiteruはTomの料理のお手伝いをしています。

dinner2.jpg

温かいおもてなし、美味しいNZ家庭料理が並びます。(左からメニューの紹介)

○BAKED POTATO&BACON (ポテトとベーコンのオーブン焼き)定番です。

○FISH PIE(フィッシュパイ) 魚介(サーモンやたら等)とクリームソースの上にマッシュポテトを乗せ、焼き上げたパイ。絶品です!

○LAMB ラム肉をじっくり焼き上げました。NZではラムをよく食べます。

○APPLE,NUTS,CELERY SALAD 赤りんご、青リンゴ、ナッツ、セロリのサラダです。

記念写真.jpg

記念写真☆奥にいるのはYukiteruのhost family、Boyel家の方々。

手前のご婦人は、Yutaのhost mother,Adair。

温かく迎えてくださって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。お宅訪問第1弾でした☆明日は第2弾!?

 

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑫
2013.08.09
 

今朝はどんよりとした雲が空一面を覆い、寒さを痛感する朝となりました。

昨日に続き、period1はMrs.DouglasによるESOL。まずは、昨日宿題になっていた、マオリの講義を経験した時の作文ですが、この作文を発表するところから授業が始まりました。

また、Balcluthaの観光パンフレットからquizを出してみようということになり、辞書を片手に、ノートに発問を記述する生徒たち。辞書を引いても分からないことがあると、手を挙げてMrs.Douglasに理解できるまで、繰り返し質問と確認をしています。

来週のESOLの授業では、これまでの授業内での確認を行っていくそうです。2週間で身についた英語力をさらに伸ばし、確かな能力として定着させられるといいですね。

Period2は、マオリの授業(伝統舞踊)を見学させてもらいました。授業の始まりには、全員でカラキア(祈り)を捧げます。50名ほどの生徒たちがHAKAの練習をしていましたが、その迫力は凄まじいです。一つ一つの動作に意味があります。プカナ(相手を威嚇するしかめっ面な表情)で叫び、目を見開いたり、舌を出したり、足を踏みならす動作では、思わず圧倒させられてしまいました。後半は皆で、HAKAの講義に参加し、さらに女子生徒たちからは、美しいマオリソングを披露してもらいました。

Period3~5はBuddyと共に授業を受けました。

放課後は、友人やhost familyと一緒に買い物をしている生徒たちに出会いました。帰国する日が近づいているため、日本にいる大切な方へのお土産を選んでいたようです。

また、午後7時20分からはSouth Otago High School主催「School Bowl」が街の中心部にあるホールで開催されました。(鶴ケ丘高校の生徒は参加しておりません。)「School Bowl」とは「Prom(promnadeの短縮略称)」のことで、最近の映画では『Harry Potter Series』、『glee』でも登場していますね。「Prom」には「散歩・見せびらかして歩く」といった意味のほかに、「高校等で催されるダンスパーティ」を指すようです。深夜まで続くパーティだそうで、日本では考えられないですね。今回の「Prom」に参加対象は12・13年生(日本で言えば高校3年生程度)のみであり、強制参加ではないようですが、カップルで参加することが一般的だそうです。男子生徒が女子生徒を誘い、女子生徒が了承してくれたら、当日会場までエスコートして参加するそうです。男子はタキシードやスーツ、女子は綺麗にドレスアップです。イブニングドレス、ネイルアート、ヘアメイク、髪飾り、イヤリング、ネックレス、ハイヒール…会場は色とりどりのドレスを着た華やかな女子生徒たちであふれていました。皆が揃ったところで、まず食事です。食事は会場の裏方で手作りされた料理が出てきます。作って下さっているのは、何と保護者の方々です。ボランティアとして協力して下さっているようです。また、給仕係としては、学校の11年生以下の優秀な生徒が選ばれ、会場の準備から始まり、当日は飲み物の提供、食事後の片付け等、彼女たちも一生懸命働いていました。食事をとった後はバンドの生演奏に合わせて、Dance!!こうして社交性を身につけていくのだなと感じました。エレガントで楽しいダンスパーティに参加し、また一つ日本にはない慣習を見ることが出来て、本当に貴重な体験でした。

さて週末ですが、鶴ケ丘の生徒たちはhost familyとどのように過ごすのでしょうか?「shoppingに行く、遠出して観光しに行く、農場に行く、日本料理を振る舞う…」などの予定が聞こえてきました。きっとこの2日間は、host familyと過ごし、沢山の素敵な思い出を得て、大変有意義なものとなるでしょう!週明けに、皆さんから話を聞くのが楽しみです。Have a nice weekend!!

ESOL.jpg

ESOL☆発表もしっかりできています!

ESOL2.jpg

ESOL☆どんなquizを出そうかな…

maori.jpg

マオリ伝統舞踊の授業☆

授業が始まる前に全員で輪になり、カラキア(祈り)を捧げます。神聖なものですので、この授業では靴を脱ぎます!

maori2.jpg

maori3.jpg

HAKA☆後半には鶴ケ丘の生徒も一緒に参加することができました!!

maori4.jpg

HAKA☆舌を出し、相手を威嚇します!

with buddy.jpg

休み時間☆with buddy!!

帰りのmeeting.jpg

帰りのミーティングです☆毎日15時に図書館集合です。

日誌の返却後、田口先生から来週の予定や週末の過ごし方についてお話がありました。

party.jpg

「Prom」☆素敵な車でエスコート!

party2.jpg

party2'.jpg

華やかにドレスアップして会場へ!!

party3.jpg

party4.jpg

Dancing!素敵ですね!!

 
オーストラリア語学研修 ⑰
2013.08.09
 

 いよいよ最後の登校になりましたが、生徒たちはいつもと変わらぬ表情でBuddyと登校してきました。今日は1日中ESLなので、BuddyとはMorning TeaとLunch Timeのみが一緒になりました。

Morning Teaまでの1st 、2nd Periodはいつも通り与えられた単語を用いて表現することを学び、オーストラリアの国歌の練習などをしました。歌詞を見ずとも歌えるようになり、Ausseの仲間入りですね!

 2013.8.9 ESL 1.jpg

 2013.8.9 ESL 2.jpg

3rd、4th PeriodにはHost familyに送る手紙を完成させ、読む練習とそのリハーサルをしました。まだ練習にも関わらず込み上げてくるものがあるようで、寂しさが教室を包んでいるようでした。

 2013.8.9 ESL 4.jpg

  

Lunch TimeにはBuddy以外の友だちとはこれでお別れになってしまうので、たくさんの新しい友だちに囲まれていました。わざわざ鶴ヶ丘の生徒たちに会いに来てくれて、Graceの生徒たちも寂しさを伝えていました。いつまでもいつまでも、授業が始まる直前まで一緒にいてくれました。

 Graceの生徒たちは本当に何の壁もなく優しく受け入れてくれます。鶴ヶ丘生徒との友情の絆を見ていると、私達が持つ国境や人種や言語など、本当にちっぽけなように思えてきます。人の心の美しさというものを改めて感じることができます。Australiaという異国の地で温かな優しさに出会えたことで、彼らの心も大きく成長していると思います。

 2013.8.9 Lunch.jpg

午後の5th 、6th Periodは全てFarewell Partyの準備に当てられました。会場の飾りつけをしたり、手紙を読み上げる練習をしました。Performanceのリハーサルでは、とても真剣な表情で最終確認をしていました。3週間お世話になったHost familyに喜んでもらいたい一心で、何度も何度も繰り返し細かいところまで確認し合っていました。

 

放課後もずっと学校に残り会場準備とリハーサルです。約80人のGuestsのために、客席も扇形にスタジアムのように仕上げ、衣装の着替えや音楽のタイミングなどもバッチリとなった5:30頃に6時からの本番に備えBreakを入れることになりました。

 2013.8.9 Farewell Preparation 1.jpg

 2013.8.9 Farewell Preparation 2.jpg

2013.8.9 リハ.jpg 

 

GuestsであるHost familyは5:45頃から集まりだしました。自分のfamilyを迎え、すべてのFamilyが揃い、Farewell Partyがいよいよ始まることとなりました。

 

1  Opening Remarks by Principal Mrs. Butler

GLCの校長であるMrs. Butlerから開会の言葉をいただきました。生徒たちの頑張りを讃えるとともに、彼らを受け入れ余りあるHospitalityを見せてくれたHost familyや、この語学研修を成功させるために関わってくれた全ての者への感謝の言葉を述べていただきました。校長からのGiftも生徒1人ひとりに手渡されました。

 20130.8.9 Opening.jpg

 2013.8.9 Opening gift.jpg

 2  National Anthem

Australiaの国歌“Advance Australia Fair”とJapanの国歌“君が代”を披露しました。Australia国歌はESLで毎日歌っていたので、Host familyと一緒にしっかり歌うことができました。

 2013.8.9 Anthem 1.jpg

 3  Girls’ song

女子生徒9名でPeace Dayにも披露した“The Only One Flower in the World (世界に一つだけの花)”を歌いました。日本語での歌ではありましたが、その歌詞の持つ意味は、メロディーに乗ってHost familyに伝わっていると思います。国の名や話す言葉など、人と人が係わる上で関係ないのだと。

 2013.8.9 Only one flower in the world.jpg

4  Fisherman’s Dance

鶴ヶ丘生徒15名によるソーラン節です。多くのHost familyがVideoを録画していました。このソーラン節は6月の初めからみんなで毎週練習してきました。期末テストの1週間前でも毎日昼休みに屋上で練習をしていたものです。声が出ないだとか、ちゃんと踊らないだとか色々と互いに心がぶつかりながらも、全員で作り上げてきました。これまでの軌跡を知るからこそ、今日の出来栄えは本当に最高でした。

 2013.8.9 ソーラン 1.jpg

 2013.8.9 ソーラン 2.jpg

5  Boys' Dance

“女々しくて”を男子6人で踊りました。Popなリズムや面白い振り付けもあってみんなの心を鷲づかみにしたようです。知らないところで練習を重ねていたようで6人のDanceのキレもよく、最後は女子も加わり全員のBuddyも一緒に踊り、大盛り上がりでした!そこにいる誰もが笑顔でした。大成功!!Good Job☆

 2013.8.9 女々しくて 1.jpg

 2013.8.9 女々しくて 2.jpg 

6  Free Talk

Performanceも一通り披露したところで、歓談の時間です。PizzaやSushiなどを食べながら、Host familyと写真を撮ったり思い出話をしたり。楽しいほどに、過ぎゆく時間がツライようでした。

 2013.8.9 Free 1.jpg

 2013.8.9 Free 2.jpg 

7  Certificates

ESLの修了証を InstructorであるAdrianaから授与されました。毎日のようにESLでお世話になり、英語で物事を表現する力を付けてくれました。少なくとも、間違いを恐れることはなくなっていると思います。

 2013.8.9 Certificates.jpg

8  Letters

Farewell Partyの山場でもあります。生徒からHost familyへの手紙です。ここに書き記す必要もなく、全ての想いが溢れ出ていました。3週間自分の為に尽くし自分に向けられた優しさが、走馬灯のように駆け巡ったのだと思います。涙で全く読み上げられない者、こらえながらも必死に読み上げる者。Host familyも涙をこらえられずにいました。それがこの海外語学研修の意義を表わしているのだと思います。言葉を越えたものを手に入れられるのは、そこにいる者だけです。語学を、言語を越えた、人として大切なものを彼らは経験することができたのだと思います。おかしな言い方ですが、涙を流すことができるほどの15つの別れがそこにあって本当に良かったと思います。目頭が熱くなる瞬間ばかりでした。

 2013.8.9 Letter 1.jpg

 2013.8.9 Letter 2.jpg

2013.8.9 Letter 3.jpg 

 2013.8.9 Letter 4.jpg

9  Dance!

参加者全員で踊りました!腕を組んで腰を振って、悲しみに包まれていた会場が素敵な笑顔で溢れるようになりました。Host familyと一緒に最後まで楽しい時間を過ごしました。

 2013.8.9 Dance 1.jpg

 

 今日でGLCのProgramは終了です。明日は早朝5:45にGLCに集合し、6時にはBrisbane International Airportに向かい、9時過ぎにSingaporeへ向けてこのBrisbaneの地から飛び立ちます。最後のBrisbaneの夜を、Host familyとの時間を、どのように過ごしているでしょうか。眠れない夜が過ぎていきます。

  

2013.8.9 ESL 3.jpg

 

 

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑪
2013.08.08
 

 今日は9:00~、Mrs.DouglasによるESOL。「what・when・where・who・why・which・how」の疑問詞を使って質問を考えてみよう、ということが前回からの課題でした。疑問を感じたことについては、何でも質問し、解決するという積極的な姿勢のNZの方々。その点私たちには、やや受け身の姿勢になりがちな時もあるかもしれません。この課題は、もっと積極的に発話出来るよう挑戦しようという試みです。

 また、ワークシートを用いて、書かれている英単語を、写真から探し出す作業もしました。さらにMrs.Douglasに続いて、単語の発音の練習もしていました。NZに来た頃は、恥ずかしそうにもじもじと発音していた生徒も、今では英語漬けの成果が出てきているようです。

 明日は、9:00~ESOL。その後、再び2nd periodはマオリの文化について学びます。

 Host familyともすっかり打ち解け、環境にも慣れて、気持ちに余裕が出てきたようです。さあ、ここからが勝負です。積極的な心構えや、向上心を持っていれば、今後さらに多くを見て、聞いて、体験して、挑戦して…大きく成長する好機となるはずですよ!!

8-8-1.jpg

疑問詞を用いて、積極的に質問を考えてみよう!

8-8-2.jpg

限られた時間の中、1分1秒を大切にしよう!

8-8-3.jpg

本日使用したワークシートです。

8-8-4jpg.jpg

 

 
オーストラリア語学研修 ⑯
2013.08.08
 

何度か行われたExcursionも今日で最後になりました。9時からOrganic Farmを訪れ、広大な農場で栽培されている野菜やバーブ、果物や蜂蜜などを見学させていただきました。

まずこの工場を営んでいるLENさんに連れられChickenとPonyの餌付けをしました。名前を呼ぶとPonyはこちらにやってくるのに驚いていました。

農場ではレタスやネギをはじめ、唐辛子やミント、バナナなど幅広く栽培しています。特に興味深かったものが、蜂蜜をとる光景でした。蜂の巣から溢れ出る蜂蜜をみんなで指に絡めて、取れたての蜂蜜を味わっていました。

Green Houseでの栽培の様子も見せていただき、そろそろお昼時。

今日のLunchはピザです。1人ひとりこの農場で採れた野菜やハーブを乗せてOriginal Pizzaを焼き上げました。みな満足した様子で一気にほうばっていました。青空の下、しかも自分で焼き上げたPizzaを食べるお昼はまた格別なものがあります。

お腹が満たされたところで、トランポリンをしたりたき火をしたり、テニスコートでテニスやバレー、バスケットボールをしたりと体を動かして汗びっしょりになっていたようです。

午後はSilver Beetを小さな鉢に植える作業をし、Host familyへのお土産としました。

最後にOrganic FarmからCertificateを授与され、GLCへと戻りました。

 

予定よりも早くに戻ったので、Host familyへの手紙を書いていました。想いを言葉にするのは難しいもので、さらに英語にしなければならないので少し大変のようです。一生懸命気持ちを込めて記した手紙なら、必ずその想いは伝わると思います。3週間で与えられたたくさんの優しさに応えられるよう、色々な気持ちを込めて大切に書き記して欲しいと思います。

 

明日が最後のGLCへの登校になります。夕方6時から8時までFarewell Partyが行われる予定です。生徒たちが悲しみと寂しさで溢れているように、Host familyもまた同じ気持ちのようです。

別れがあるからこそ、出逢いが素敵なものに映るのかもしれませんが、過ぎゆく時間を歯痒く感じています。

最初からこうなることとは知りながら、別れはやはりツライものです。

 

 

2013.8.8 OF 1.jpg

私がDaisyです!

2013.8.8 OF 2.jpg

Chickenも抱いちゃいました!

2013.8.8 OF honey.jpg

こうして蜂蜜は採られているんですね。

2013.8.8 OF pizza.jpg

誰のPizzaが一番美しいかな?みんなおいしく頂きました☆

2013.8.8 OF free time.jpg

自由時間にはみんなでスポーツ!みんなこの滞在で絶対にOutdoorが好きになったと思います!

2013.8.8 OF silver beets.jpg

Silver beet。日本ではあまり見ないようですが。Host familyへのお土産です!育ててね☆

2013.8.8 OF certificate.jpg

今日1日、みんなでよく食べよく動きよく学びました!

2013.8.8 OF game.jpg

番外編、生卵落としちゃイヤよレース!

2013.8.8 letter.jpg

うーん、どうしよう。。。

 

何度か行われたExcursionも今日で最後になりました。9時からOrganic Farmを訪れ、広大な農場で栽培されている野菜やバーブ、果物や蜂蜜などを見学させていただきました。

まずこの工場を営んでいるLENさんに連れられChickenとPonyの餌付けをしました。名前を呼ぶとPonyはこちらにやってくるのに驚いていました。

農場ではレタスやネギをはじめ、唐辛子やミント、バナナなど幅広く栽培しています。特に興味深かったものが、蜂蜜をとる光景でした。蜂の巣から溢れ出る蜂蜜をみんなで指に絡めて、取れたての蜂蜜を味わっていました。

Green Houseでの栽培の様子も見せていただき、そろそろお昼時。

今日のLunchはピザです。1人ひとりこの農場で採れた野菜やハーブを乗せてOriginal Pizzaを焼き上げました。みな満足した様子で一気にほうばっていました。青空の下、しかも自分で焼き上げたPizzaを食べるお昼はまた格別なものがあります。

お腹が満たされたところで、トランポリンをしたりたき火をしたり、テニスコートでテニスやバレー、バスケットボールをしたりと体を動かして汗びっしょりになっていたようです。

午後はSilver Beetを小さな鉢に植える作業をし、Host familyへのお土産としました。

最後にOrganic FarmからCertificateを授与され、GLCへと戻りました。

 

予定よりも早くに戻ったので、Host familyへの手紙を書いていました。想いを言葉にするのは難しいもので、さらに英語にしなければならないので少し大変のようです。一生懸命気持ちを込めて記した手紙なら、必ずその想いは伝わると思います。3週間で与えられたたくさんの優しさに応えられるよう、色々な気持ちを込めて大切に書き記して欲しいと思います。

 

明日が最後のGLCへの登校になります。夕方6時から8時までFarewell Partyが行われる予定です。生徒たちが悲しみと寂しさで溢れているように、Host familyもまた同じ気持ちのようです。

別れがあるからこそ、出逢いが素敵なものに映るのかもしれませんが、過ぎゆく時間を歯痒く感じています。

 

 

 

 

 
オーストラリア語学研修 ⑮
2013.08.07
 

 本日の朝は少し肌寒いようでしたが、日中は25℃を越える気温となりました。語学研修が始まる前は気温も低く、例年この時期には西からの強い冷たい風に吹かれるそうなのですが、今年はまだやってきていないようです。

 Morning Teaまでの1st、2nd Periodは2つのグループに分かれて7、8年生の日本語クラスに入りました。日本語クラスに参加するのもこれで最後の機会になってしまいましたが、英語での自己紹介や簡単な質問の受け答えはもうお手の物のようです。

 見ていてこれは聞き取れないと思うような質問でもしっかり理解していて、ちゃんと答えられていることに驚きと、確かな進歩を感じています。本人たちも、Buddyはもちろんのことその友だちや、Host familyの言うことが分かってきたと実感しているようで、だいぶ“耳”が本場の英語に合ってきたようです。過ごした時間が確実に実になっているように思います。

 3rd、4th PeriodのESLではオーストラリアのお菓子、Lamingtonを作りました。スポンジケーキをチョコレートでコーティングして、ココナッツをまぶすというレシピや、材料を通じて表現や単語を学びました。

 Lunch Timeには、生徒たちは毎日Buddyとその友だちと昼食をとり遊んでいるようです。そこでたくさんの新しい友だちを作り、その輪が広がっています。Graceの生徒たちは日本語を学んでいる又は学んでいたので、とても自然に溶け込んでいるようでした。男子生徒はHost familyから持たせてもらったLunch以外にも、Tuck shop(売店)でHot dogやNachosやNoodleを買って食べています。食べてばかりいますが、Host familyとサッカーやテニス、バスケットボールやホッケーなどのスポーツをほぼ毎日のようにして体を動かしているようなので、非常に健康的に過ごせています。天然芝で敷き詰められた公園や、スポーツをする場所が至る所にあるのが羨ましいです。

 午後のESLは英文を読みカンガルーについて学び、金曜日に行われるFarewell Partyの練習をしました。こちらに来る前にみんなで練習していた出し物の予行をし、Host familyへの手紙など、準備を進めていきました。

 

 手紙を書いていると、いよいよ別れの時が近付いていることを強く意識してしまうようで、とても悲しい気持ちになっているようです。3週間前には不安で仕方なかったものが、今は悲しみの分だけの感謝に変わったのだと思います。

 

 連日の快晴に恵まれているBrisbane。今日も学校帰りにShopping Centreなどに連れて行ってもらいお土産を探したり、Beachへ向かったり、運動をしたりするようです。

 残り2日です。一時ひとときを悔いのないように。

 

 

2013.8.7 JP 1.jpg

トトロのかるたで平仮名の練習です!

2013.8.7 JP 2.jpg

今となればちょっとしたCommunicationならお手の物ですよ!

2013.8.7 Lunch 3.jpg

いくら食べても食べたいのです!これも英語の練習です!

2013.8.7 Lunch 2.jpg

ラーメンはうまい!外で食べれば格別です!

2013.8.7 Lunch 1.jpg

こうして友達の輪が広がっています!

2013.8.7 ESL 1.jpg

Farewell Partyで踊るDance! Shall we dance!?

 

 

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑩
2013.08.07
 

 昨晩からの冷え込みは厳しく、車のフロントガラスも凍結していました。しかし、日中は連日通り晴天です。

 本日も午前中はBuddyと授業に参加です。

 Lunch Timeの後、Period4and5は、先住民族マオリの世界に触れる講義を受けました。約1000年前、マオリは大海をカヌーで渡り、NZにやってきたそうです。彼らの芸能、芸術に富んでいる豊かな文化は、今でもここNZで大切に受け継がれ、保護されています。

 「Kia Ora(はじめまして)」とマオリ語で挨拶して下さったMs.Angela mills-Gageに、レクチャーを受けます。まずは「棒投げ遊び」。2組のペアに分かれて対面で座り、独特なマオリソングに合わせて白いバトンのようなものを互いに叩いたり、投げたりして遊びます。皆の気持ちが一つにならないとなかなか合いません。次第にスピードが増したり、投げ方・叩き方が複雑になったりして難しいです。

 Period5は、South Otago High Schoolでマオリの科目を受講している生徒たちにHAKAを習いました。HAKAと呼ばれるマオリダンスは本来、マオリの戦士が闘いの前に踊るものでした。現在、NZ、ラグビーのナショナルチーム「ALL BLACKS」が試合前に踊る「カ・マテ」が有名ですが、今日はこのHAKAに挑戦してみました。腹の底から力強い声を出し、自分の魂を映し出すために目を大きく見開き、舌を突き出して相手を威嚇します。見よう見まねで踊っているようですが、鶴ケ丘の生徒の皆さん、なかなか様になっていますよ。

 また、South Otago High Schoolの女子生徒たちが、紐の先に付けた白い玉Poiを器用に振り回しながら踊るポイダンスを見せてくれました。古くから伝わるマオリ独特の舞踊・歌にすっかり魅了されました。

本日も穏やか.jpg

本日も穏やかな天気です☆~街の様子~

後半戦スタート.jpg

いよいよ「後半戦」スタートです。頑張っていこう!!

maori.jpg

「棒投げ遊び」の様子です☆

haka1.jpg

haka2.jpg

HAKA!!!    Ka Mate カマテ

リーダ: Rin rin a pa quia awana ri pa kia ne oki!!
チーム: Akia ne oki!!
全員:  Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)

       Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)
              Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)
              Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)
              Tenei te tangata puhuruhuru(見よ、この勇気ある者を)
              Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が)
              Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!)
              A upane! ka upane!(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
              A upane, ka upane(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)
              Whiti te ra! (太陽の光の中へ!)
              Hī! (昇れ!)



student.jpg

Poiを使ったダンスを見せてくれました!女の子たちが右手に持つ白い玉がPoiです☆

 
オーストラリア語学研修 ⑭  ~ Peace Day ~
2013.08.06
 

 8月6日、68年前に原爆が広島に投下されたこの日に、Grace Lutheran CollegeではPeace Day Ceremonyが行われました。この日のためにGraceは2か月以上も前から準備を進めていました。

 

 1st Periodに当たる8:55にGLCの全生徒たちが多目的センターに集められ、MCであるStudent Captain(生徒会長)Michael WilsonからPeace Messageが送られてCeremonyが始まりました。

 また、広島市長からのPeace Messageが読み上げられ、ちょうど9:15。日本時間8:15、原爆が投下された同じ時間に、平和の鐘が広島の平和記念公園と同じように響き渡りました。スクリーンに映し出される広島の様子をそこにいる誰もが同じ気持ちで見守っていました。

 それから鶴ヶ丘高校川原教頭から英語によるPeace Messageが送られました。英語でのSpeechだったので、Graceの生徒とスタッフの心にも届いたようで、同じ気持ちを共有することで鶴ヶ丘とGraceのFriendshipsをより深められた瞬間でした。

 世界中の人々の1人ひとりを大切にしたいという願いを込めて、鶴ヶ丘高校生徒15名は“世界に一つだけの花”を贈りました。全員での練習ができなかった中で、日本を代表して堂々と心のこもった歌声を届けることができたと思います。

 GLC校長Mrs. Butlerからも核のない世界平和を願うMessageが送られました。そしてバイオリンによって奏でられる“imagine”のメロディーに乗せて、ダンスが披露されました。

 Graceが行っている世界規模での活動の数々がスクリーンに映し出され、様々な言語で平和の願いが届けられました。

 最後に“It’s a small world”を日本語と英語で全員で歌い、“平和の折り鶴”がGraceの生徒から鶴ヶ丘の生徒に贈られました。

 

 

 

 2nd Periodからは通常授業となり、10年生(高校1年生)の日本語クラスに参加しました。彼らは来週SpeakingのTestがあるようで、鶴ヶ丘の生徒とたくさん会話の練習していたようです。

 3rd Periodの7年生(中学1年生)の日本語クラスは、GraceのJapan Tourで広島を訪れた際のスライドが流されました。そして、折り紙に『へいわ』とそれぞれが記入し、平和を祈る折り鶴を作りました。

 4th、5th PeriodはBuddyのクラスなので、EnglishやJapanese、MathematicsやScience、Historyなどの授業を受けたようです。 Mathematicsは計算などで一緒にできるようですが、HistoryやHealthになるとなかなか大変なようです。

 6th Periodに参加した日本語クラスは12年生(高校3年生)で、驚いたことに自然と日本語での会話が始められていました。日本での運転免許の取得の仕方や、車について日本語で学んでいるようで、さすがは高校3年生という内容でした。中には大学でも日本語を学ぼうとしている生徒もおり、本当に日本に興味のある生徒が集まっているようで、去年鶴ヶ丘高校を訪れた生徒もたくさん見受けられました。

 

 いくつかの日本語クラスで来年鶴ヶ丘へやってくる生徒も見つけているようで、来年の再会を今から楽しみにしているようです。

 

 

 

2013.8.6 Peace day sign.jpg

Peace Dayのサインがこちらに来てからずっと掲示されていました。

2013.8.6 Peace day Michael.jpg

GLC生徒代表Michael WilsonのMessage。MCを含め、非常に堂々としていました。

2013.8.6 Peace day Ms. Kawahara.jpg

本校川原容子教頭からのMessage。世界唯一の被爆国の代表として平和の願いを届けました。

2013.8.6 Peace day The only one flower in the world.jpg

1人ひとり1つひとつが大切な、大きな花を咲かせてください。鶴ヶ丘生徒による”世界に一つだけの花”

2013.8.6 Peace day Ms. Butler.jpg

GLC校長Mrs.Butlerによる平和のMessage。現在の世界情勢を憂いながらも希望を抱かせるSpeechとなりました。

2013.8.6 Peace day dance.jpg

"imagine"の歌詞にふさわしい、しなやかさと優しさをバレエで表現していました。

2013.8.6 Peace day it's a small world.jpg

鶴ヶ丘&GLCによる”It's a small world”

2013.8.6 Peace day cranes.jpg

平和の祈りを乗せた折り鶴が、国境を越えて世界中を飛び回ります!

2013.8.6 JP class 1.jpg

Japan Tourでは原爆ドームや、平和記念公園をめぐっています。

2013.8.6 JP class 2.jpg

『へいわ』を折り鶴の背中に乗せて。世界中に『平和』が訪れますように。

2013.8.6 JP class 3.jpg

高校3年生の日本語力は大したものです。日本に理解があるのもうなずけます。

 

 
ニュージーランド語学研修⑨
2013.08.06
 

 本日も晴天です。コートも手袋も必要ないくらい暖かく、お昼休みには、Canteen(購買)にこぞってアイスクリームを買いに来る生徒もいました。

 今日はESOLの授業がなく、1時間目から3時間目までの午前中を、Buddyと共に授業に参加です。クラスメイトの大半の名前を覚え、見知らぬ生徒へも積極的に発話し、コミュニケーションを取ろうと努力しているようです。また日誌を英文で記述し、能力を高めようとしている生徒も見受けられます。

 12:20からLunch Timeとなり、普段であればBuddyと昼食を取りますが、今日は鶴ケ丘の生徒をホールに集めて、ささやかながら教員から「Rice Ball Party」を開かせてもらいました。ニュージーランドに向けて出発してから10日が経ち、NZ語学研修もいよいよ折り返し地点となります。最近では、日本食が恋しいと言う生徒も増えてきたため、このようなsurpriseを試みました。ツナマヨネーズ・梅のおにぎり、味噌バター焼おにぎりの3種類、30個程作りましたが、生徒は持参した昼食のほか、このおにぎりも美味しそうに頬張っていました。「美味しい」と言い、2つ目のおにぎりに手を伸ばす生徒も少なくありませんでした。用意したおにぎりをほとんど食べつくし、生徒の表情からは満足した様子がうかがえました。明日からの「後半戦」、頑張ってくださいね。

 午後は、Physical Education activitiesということで、生徒のhost motherでもある、Mrs. Krena KupaからZUMBA(ズンバ)の手解きを受け、踊りました。ZUMBAとは、フィットネス・プログラムの名称で、ラテン系のステップ(サンバやサルサ等)から引用されたものが多く、またhip hopや格闘技の動作、ベリーダンスや歌舞伎の動作を総合的に組み合わせているのが特徴的なダンスです。ZUMBAは、スペイン語では「早い動きで楽しむ(お祭り騒ぎ)」という意味があるそうです。1時間ほど踊り続け、皆久しぶりの運動だったようで、良い汗をかいていました。

 

8.6.rice ball party.jpg

Rice Ball Party☆

8.6.rice ball party2.jpg

日本食の美味しさを改めて実感したようです。良かったです!!

8.6.haka.jpg

HAKA!!お昼休みに練習しています。

8.6.canteen.jpg

Canteen☆学校の購買・売店。サンドウィッチやお菓子、飲み物やアイスクリームなどを購入することができます。

笑顔で対応してくれているのは、South Otago High Schoolの生徒です。

zumba1.jpg

Let's ZUMBA!!

zumba.jpg

ZUMBAを教えてくださったMrs. Krena Kupaを囲んでの記念写真☆

 
オーストラリア語学研修 ⑬
2013.08.05
 

 週末よく遊んだのか、眠い目をこすりながら少し疲れていながらも充実した表情で新しい週が始まりました。

 1st、2nd PeriodのESLでは、この土日にしたことを英語で紹介していました。この週もGold Coastへ行ったり、Dream World、Movie World、Sea WorldといったTheme Parkで遊んでいる生徒がいました。お目当てのお土産も着々とGetしているようです。

 また湖でカヤックをして落ちてしまったり、川で釣りをしたり、Birthday Partyに参加したり、庭でゆっくりBBQをしたりとそれぞれにAustraliaで最後の休みを満喫したようです。

 日本では朝早くから満員電車で登校し授業を受け部活で帰宅は遅くなり、休日ですら部活などで自分の為の時間が取れない毎日なので、これほどまでに自分の時間を過ごすことができて、とても喜んでいる様子でした。

 生徒たちが自分のweekendを紹介していく中で単語を学び、それを用いて文章を作るという、Outputを中心に授業は進められました。

 またESL講師がある事件を読み上げ、その犯人の人物像を描くというListeningの練習もしていました。

 3rd Periodは9年生(中学3年生)の日本語クラスに参加し日本の地理や、『マジで』や『チョー(超)』、『イケメン』や『かまちょ』など、辞書にも載りにくいとてもUseful(?)な新しい日本語を教えていました。また習字でLaura(ローラ)なら『露羅』、Steven(スティーブン)なら『素手分』のように、Graceの生徒の名前を漢字で書いてあげていました。とても興味深かったようで、ipadで写真を撮っていました。

 また、明日行われるPeace Day Ceremonyに歌う“It’s a small world”の練習をしました。まだ恥じらいがあるのか声が出足りないので、明日に期待したいと思います。

 4th、5th PeriodはBuddyと一緒にMediaやComputerなどの授業にそれぞれ参加しました。

 6th Periodには別の9年生の日本語の授業に参加し、英語で日本語でCommunicationを図っていました。

 学校が終わった後も、今日も見上げればどこまでも続く青い空広がっていたので、海岸まで海を見に行った生徒もいたようです。

 

 今週がLast weekとなったオーストラリア語学研修。最後の最後まで、与えられた当たり前の非日常の中で、色々なことを学んで感じて、出会う全てを大切に過ごしてくれたらと思います。

 

 2013.8.5 ESL.jpg

犯人は誰だ。2人の描く人物が違うぞ?

2013.8.5 ESL 3.jpg

”Here is Osaka.” Graceの生徒も地名はよく知っていて、Tokyo, Okinawaなど興味深そうでした。

2013.8.5 ESL 2.jpg

Graceの生徒がカタカナで名前を書いてくれてます。筆使いもお見事です!

2013.8.5 It's a small world 1.jpg 

2013.8.5 It's a small world 2.jpg

It's a small world after all ♪

 

2013.8.5 B.jpg

Beachがいつでもすぐそばで

 

 
ニュージーランド語学研修⑧
2013.08.05
 

 昨日までのQueenstown Tripによる疲れを多少のぞかせながらも、登校してきた生徒たち。生徒の日誌を読んでみると、2泊3日のTripでの体験は大変貴重なもので、素敵な思い出となったようです。

 9:00~Mrs.DouglasによるESOL。Mrs.Douglasからは「Queenstownで過ごした週末はどうっだったか」と聞かれました。その問いについての答えを2文以上の英文で考え、Diaryを書こうというのが本日1つ目の課題でした。Mrs.Douglasは一人一人のノートを見て回り、アドバイスをくださいました。生徒は辞書を片手に真剣に思いを綴ろうと努力していました。また、先週の授業で使用したワークシートについて、Mrs.Douglasが詳しい解説も含め解答してくださいました。

 2時間目以降はBuddyと授業を共にしました。

 真冬だというのに、今日は本当に良いお天気でした。語学研修も残り2週間、悔いの残らないよう、一日一日を大切にしていってもらいたいと思います。

8.5.1.jpg

ESOL~diaryを書いています!

8.5.3.jpg

NZではこの時期、晴れること自体が珍しいですが、本日はBrisbaneにも負けないくらい(!?)、晴天です!!

(South Otago High Schoolの校舎)

8.5.4.jpg

テニスコート奥に広がっているのはSouth Otago High Schoolのグラウンドです☆

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑦
2013.08.04
 

 本日も8時にキッチンに集合です。朝食を終え、慌ただしく帰る支度にとりかかります。

 9時に宿舎を出発。Queenstownからバスで30分程度の場所にあるArrow Townを訪れました。Arrow River沿いに位置しており、かつてゴールドラッシュで栄えた街です。中国人鉱夫の住んでいたとされる居住地跡を見学し、美しい川のせせらぎに耳を傾け、散歩を楽しみました。また、街は19世紀の建造物が修復され、どこか懐かしく、歴史を感じさせる美しい景観を保っていました。通りに面した店の中ではとりわけ、色とりどりのキャンディー、チョコレート類がショーウィンドーを飾る菓子屋が生徒たちには人気だったようです。

 そこから途中の街でLunch Timeを取り、3時間ほどでBalclutha・South Otago High Schoolに到着です。私たちの帰りを、Host familyが待っていてくれました。生徒の皆さんは、今日は帰ってからこの2泊3日のtripについて、familyにどのように土産話を聞かせることが出来るのでしょうか?

 また明日から学校です!頑張りましょう。

arrow1.jpg

Arrow River☆

arrow2.jpg

美しいせせらぎの音と小鳥のさえずりが聴こえてきます!

arrow3.jpg

散策中!!

arrow4.jpg

古き良き時代の景観を保っているArrow Town☆

arrow5.jpg

皆が立ち寄っていたSweet Shop!

 
オーストラリア語学研修 ⑫
2013.08.04
 

 連日の雲一つない快晴に恵まれた週末となりました。昨日と同じように日中は24℃まで気温が上がり、夏のような装いで大勢の人が街中を行き交っていました。

 

 オーストラリアの語学研修は最後の週末となりました。訪れているBrisbaneはオーストラリアでは第3の都市となっていますが、海と空の青、そして自然の緑に囲まれている印象を受けます。至る所に公園があり、多くの子供たちが走り回っています。休日には公園の芝生や海岸のBeachで、家族で夫婦でまた友達同士で過ごしている光景をよく見ます。Outdoorのアクディビティーに溢れており、ボートやカヤックを楽しんだ生徒もいるようでした。

2013.8.4 City Hall.jpg

City Hall(市庁舎)はBrisbane市内中心部にあります。92mある時計台から市内を見渡すこともできます。

2013.8.4 Pool 2.jpg

公園には誰でも使えるプールがあることもあります。日中の暖かい時間には小さな子供たちで賑わっています。もちろん無料です。このように外で遊べる場所が本当にたくさんあるので、子供の数が多いように感じます。

2013.8.4 BBQ.jpg

これは何だと思いますか?これはBBQができる装置です。ボタンを押せば、真ん中にある鉄板が熱くなり、いつでも誰でもすぐにBBQができるようになっています。もちろん、無料です。

2013.8.4 Q.jpg

何が見えますか?Brisbane Cityの中心部にもこんな動物が見られます。

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑥
2013.08.03
 

 今日はQueenstown trip2日目。朝は8:00に食堂に集合です。朝食は食パンやシリアル・果物などでお腹を満たし、9:20分に出発。厚い雲が広がり時々小雨も降る、あいにくの天気となりましたが生徒たちは元気いっぱいに出かけていきます。

 まずは、Jet boatです。昨日のBangy Jumpに引き続き、NZ発祥のアクティビティです。Boatからワカティプ湖周囲の大自然を一望し、満喫できます。10cmの浅瀬でも走行可能なこのboat、なんと最高時速は85㎞にもなり、迫力の360度回転に、私たちは大絶叫!!スリル満点で、爽快に水上を駆け抜けました。

 その後はQueenstownの街中でShoppingとLunchを楽しみました。NZ伝統料理を食べに行く生徒。日本では見かけない、顔が隠れるほど大きなハンバーガーにかぶりつく生徒。家族・友人へのお土産を真剣に選んでいる生徒…。それぞれが充実した自由時間を過ごしたようです。

 14:30、アミューズメント施設Skylineに集合。早速ゴンドラに乗りこむこと10分。「女王が住むのにふさわしい街」と称され、地名になったとされるQueenstownの街・湖・山の大パノラマを一望し、しばし言葉を失うほどの感動でした。

 そこからさらにリフトに乗り、本日2つ目のアクティビティ・Luge(リュージュ)に挑戦しました。ハンドルとブレーキのついたカートに乗りこみ、斜面を滑り降りるスリリングな乗り物です。スピード・進行方向の調整に少し苦労しながらも、一度コツをつかめばお手のものです。全長800m2つのコースを、生徒同士競い合いながら疾走していました。

 Luge満喫後は再び街へ戻り、小一時間の散策後、宿舎に戻りました。

 明日はもうBalcluthaに戻ります。あっという間のtripとなりそうです。

 【本日のdinner】

  ○Lasagna(ラザニア)

  ○Macaroni & Cheese(チーズマカロニ)

  ○Coleslaw(コールスローサラダ)

  ○Icecream(アイスクリーム)

jet1.jpg

Jet Boat に乗り込みます!

jet2.jpg

360度回転!爽快です!!

8.3.queenstown.jpg

Skylineからの眺め。Queenstown(女王が住むのにふさわしい街)

8.3.ラザニア.jpg

ラザニア作り☆

8.3.片付け.jpg

片づけにも積極的です!

 
オーストラリア語学研修 ⑪
2013.08.03
 

 土曜日は学校がお休みなので、生徒たちもHost familyと様々な場所へ出向いていることと思います。今日は雲一つない快晴でしたので、絶好の行楽日和でした。

 Sunshine CoastはGold Coastと同じように美しいBeachが広がっているのですが、世界的な観光名所であるGold Costのように人で溢れかえっていることはなく、非常に落ち着いた綺麗な街並みが続いています。

 大きな窓を全開にしてLiveの演奏を聞かせてくれるレストランや、ボートを停められる家々が並んでおり、また違う雰囲気を味わうことができます。小さな子供からretireされた人たちも集う、現地の人おすすめの場所です。

 

 またStay先から程近いRedcliffにも行った生徒がいるようです。

 Bee Geesというグループはご存知でしょうか?メンバーである3人兄弟が、まだデビューする前にはこのRedcliffの海岸沿いで歌を披露していたようで、Bee Gees Wayには彼らの軌跡が記されています。

 大きなBeachではありませんが、子供を連れたたくさんの家族が訪れているようです。

 ここからはWhale Watchingの船が出ており、Brisbaneの中心部からわざわざRedcliffまで来るツアーのグループも見られます。今はちょうどWhaleが見られる時期なので、みんなは参加したのでしょうか。

 

2013.8.3 Noosa 1.jpg

2013.8.3 Noosa 2.jpg

Sunshine Coast (Noosa 2枚) 

2013.8.3 Redcliff 1.jpg 

2013.8.3 Redcliff 2.jpg

左に見えるのが、Whale Watchingの船です

2013.8.3 Redcliff 3.jpg

この空の青。空が本当に澄んでいます (Redcliff 3枚)

2013.8.3 Redcliff 4.jpg

2013.8.3 Redcliff 5.jpg

Bee Gees Wayの様子です(2枚)

 
オーストラリア語学研修 ⑩
2013.08.02
 

 午前中9:00~11:15まで、GraceのPrimary School(初等部)を訪問しに行きました。5,6年生(小学校5,6年生)の日本語クラスに参加させてもらい、Graceの児童たちはプロジェクターに映されたセリフを用いながら自己紹介をしていました。

 それから彼らは日本の行事を調べたり、架空の日本旅行を計画するというProjectが課されているので、鶴ヶ丘の生徒に日本についてたくさんの質問していました。

 観光名所、食べ物、移動手段など、みなさんだったらどんな日本を紹介しますか?

 折り紙で親睦を深めた後の日本語単語早当てゲームでは、チームごとに鶴ヶ丘の生徒Graceの児童一緒になって盛り上がっていました。我先に答えようとする児童たちに引っ張られるように、鶴ヶ丘の生徒も積極的になっていました。しかし、単語の意味が英語で紹介されるので、ミスをすることもしばしば…。

 Primary Schoolでは10:30からLunch Timeなので、中庭で児童と共に生徒たちはMorning Teaを取りました。Graceの児童は本当に人懐こく、全員が日本語を学んでいるため360℃至る所から『コンニチハ!コンニチハ!』と声をかけてくれました。『一緒にlunch食べる?』、『隣に座ってもいい?』などと、優しく受け入れてくれた彼らに心から感謝です。食後にグラウンドでGraceも鶴ヶ丘も男子も女子も入り混じり、時間を忘れてサッカーやラグビーなどをしていた姿が本当に印象的です。何のバリアーも持たない、国境も人種も性別も言葉をも越える子供の純粋さに心が温まりました。

 Primary Schoolを後にするのは、後ろ髪が引かれる思いでいしたが、見えなくなるまでずっと手を振り『サヨナラ!サヨナラ!』と見送ってくれました。

 4thPeriodはSportsやComputer、Religion、EnglishなどそれぞれBuddyと共に授業に参加しました。

 午後のESLではカンガルーの生態についての英文を読みながら英単語を学び、1人1人に与えられた動物を英語で説明するという練習をしました。しっかりと発音し、単語で答えるのではなく文章で答えることが求められています。

 

 明日から2度目で最後になる週末です。どんな予定を立てているのでしょうか。忘れられない思い出をHost familyとたくさん作って欲しいと思います。また色々な出来事が聞けることを楽しみにしています。

 

2013.8.2 Tatami.jpg

教室の片隅には畳が敷かれています。児童たちも正座で頑張っています!

2013.8.2 Game.jpg

『YES! YES! YES!』 早いもの勝ちです!

2013.8.2 Lunch.jpg

とてもにぎやかに優しく大歓迎してくれました!ありがとう!この子たちがGLCに進むと思うと、心強いです。

2013.8.2 ESL.jpg

"The rhinoceros has four legs and a horn. It ...." 英語で英単語を説明するのは難しい!

 

 

 

 
ニュージーランド語学研修⑤
2013.08.02
 

 今朝は私服で集合です。今日から待ちに待った2泊3日のQueenstown Trip。NZに来て初めての週末をQueenstownで過ごします。

 

 バスでQueenstownへ向かう途中には、橋の改修工事をしている所でPunt(渡し船)を見つけ、乗せてもらうことが出来ました。モーターを使わず、水流を利用し対岸まで向かいます。貴重な体験でした。

 

 ランチはCromwellにある湖畔で。風もなくピクニックには絶好の天気でした。バスを降りて、早速澄んだ空気を吸い込みます。大自然の中、聞こえてくるのは鳥たちの歌声と、生徒たちの笑い声だけでした。

 

 ランチの後、NZ・Bungee jump 発祥の地を訪れました。あまりの高さからのjumpだと知り、足がすくむと共に非常に驚いていたようです。

 

 学校を出発してから6時間余り、ようやくQueenstownに到着しました。1時間の自由時間を設けたところ、生徒は思い思いに散策したようです。

 

 今日から2日間はキャンプ場に宿泊です。バスの運転手として同行して下さったMrs.Zelda Pearsonと副校長Mr.Douglasが、私たちの夕食を作って下さいました。

【本日のdinner】

○sausages (ソーセージ)※グレイビーソース

○boiled vegetables and potatos (ゆで野菜・じゃがいも)

○rice (お米)

○icecream (アイスクリーム)

○apples and pears (リンゴ・洋ナシ)

8.2.3.jpg

Queenstownへ向かいます!

8.2.1.jpg

Punting☆

8.2.6.jpg

Cromwellにある湖畔です。

8.2.5.jpg

湖畔でLunch。皆で食べると美味しい、楽しいです!

8.2.7.jpg

本日のDinnerの様子!

 
ニュージーランド語学研修④
2013.08.01
 

 今朝はNZに来てから、初めての雨模様。雨は降っていますが、それほど寒くはないです。

 

 登校後、Mrs. Rachelより、明日から始まる2泊3日のQueenstown Tripにおける注意事項の説明がありました。Host familyやBuddyと離れてのプログラムになります。どんな貴重な体験が出来るでしょうか、期待が高まります。

 

 1時間目はMrs.DouglasによるESOL。授業と言っても、日本の学校で行われている講義形式のものとは異なります。生徒参加型の授業で、発言も自然と多くなります。昨日に引き続きNZのパンフレットを用いての授業ですが、本日はワークシートを手に、英文の説明に合う写真を探し当てるゲームをしました。制限時間内に間に合うように必死に読解していました。

 

 2時間目~5時間目まではBuddyと共に各教科の授業に参加しました。

 

【South Otago High Schoolの時間割】

 ○Form Time(HR)    8:45~ 9:00

 ○Period1          9:00~10:00

 ○Period2         10:00~11:00

 ○Interval(休み時間)  11:00~11:20

 ○Period3         11:20~12:20

 ○Lunch          12:20~13:10

 ○Period4         13:10~14:10

 ○Period5         14:10~15:10

8.1.1.jpg

Mrs. Rachelから注意事項!

8.1.2.jpg

答えを探し出すのに必死です!

8.1.3.jpg

パンフレットを参考に☆

8.1.4.jpg

本日の授業を全て終えて、ホッとしている様子の生徒たち。

 

 

 
オーストラリア語学研修 ⑨
2013.08.01
 

 1時間目は7年生(中学1年生)と11年生(高校2年生)の日本語クラスに参加しました。7年生は次回テストがあるそうで、ひらがなや動物の名前を神経衰弱のようにゲーム形式で復習していました。鶴ヶ丘の生徒も大人げなく(?) 負けないように必死でした。11年生はだいぶ日本語の習得も進んでおり、流暢な日本語で生徒たちに質問をしていました。一生懸命に日本語での質問を考えてくれる姿に感謝の気持ちを抱くとともに、同じ姿勢を鶴ヶ丘全生徒たちにも持ってもらいたいと感じました。

 本日のESLの授業はまずグラウンドに出て、散歩をしながら単語を学びました。それからその単語を用いて自分たちで文章を作る練習とその音読。そしていつものように発音の練習をしました。日本語にはない”L”と”R”の音に四苦八苦していましたが、何とかみんなで習得して帰りたいと思います。

 最近Brisbaneは短時間の雨が降ることがあります。空を見上げると虹がかかっていることもしばしばです。

 オーストラリア語学研修も折り返し地点を過ぎました。残された時間を大切に毎日を過ごしてもらいたいと思います。

2013.8.1 Year 7.jpg

7年生の生徒たち、ひらがなや日単語よく覚えています。Native Japanese Speakerとして負けられません!

2013.8.1 Year 11.jpg

11年生にもなれば日本語会話もお手の物です!

2013.8.1 Rainbow.jpg

虹が何度か見ることができました!栄光への架橋☆

 

 
<<前の月 メイン 次の月>>