2010年02月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
 
 
カテゴリ
 
月別アーカイブ
 

2010年02月

東京都高校スキー大会, 男子2連覇!
2010.02.23
 

今年度最後の大会「東京都高校スキー大会」は、唯一学校対抗を競い合うもので、昨年に引き続いて鶴高スキー部のチームワークが勝利を呼び込んだ。保護者、OB・OGの皆さんご声援ありがとうございました。
詳細は下記の通りです。

期日 平成22年2月12日(金)~16日(火)
会場 舞子スノーリゾート
選手 萩原優太、手塚雅貴、笠谷昂大、中野一輝

《大会後喜びに沸く部員達》
%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%83%BD%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E5%84%AA%E5%8B%9D%28%E5%B9%B3%E6%88%9022%E5%B9%B42%E6%9C%88%EF%BC%89.jpg

 
3年生を送る会
2010.02.20
 

 2月5日(金)、生徒会主導により企画立案された"3年生を送る"会が行われた。午前の部は恒例の「ドッジボール大会」。男女とも学年を越えた熱戦が天候に恵まれた中、体育館とテニスコートの二つの会場で繰り広げられた。
午前中に「ドッジボール大会」が無事終了。いよいよ新企画の初披露。まず昼休みに、体育館で行われた吹奏楽部のステージドリルが生徒の目を楽しませてくれた。その後、全校生徒が体育館に集まった中、体育祭実行委員会による「ドッジボール大会」の結果発表と表彰式。その後、会場を盛り上げたダンス同好会と有志による「ダンス発表」を皮切りに3年生の入学から文化祭までの学校生活を綴った「思い出のスライドショー」、そしてビデオによる「先生方からの贈る言葉」、最後に1・2年生全員で「YELL」を合唱し、下級生と教職員が作った花道の中で3年を送り出した。
ドッジボール大会試合結果は下記の通りです。

男子試合結果
1位 2年E組
2位 3年A組
3位 3年F組
   1年C組

女子試合結果
1位 1年I組
2位 2年K組
3位 3年C組
   2年L組

《ドッジボール大会スタート》
%EF%BC%93%E9%80%81%E4%BC%9A%E2%91%A0.jpg

《テニスコートでの男子の熱戦》
%EF%BC%93%E9%80%81%E4%BC%9A%E2%91%A1.jpg

《体育館での女子の熱戦》
%EF%BC%93%E9%80%81%E4%BC%9A%E2%91%A2.jpg

《ドッジボール大会表彰式》
%EF%BC%93%E9%80%81%E4%BC%9A%E2%91%A3.jpg

《体育館での午後の「三年生を送る会」の模様》
%EF%BC%93%E9%80%81%E4%BC%9A%E2%91%A4.jpg

 
第二学年修学旅行
2010.02.15
 

先発10月16日~21日、一日後れで後発という日程で、今年度第2学年の修学旅行が実施された。カナダは3度目である。ヴィクトリアでは美しい町並みを散策し、キャピラノでは渓谷を渡るつり橋に絶叫、パンクーバーのビル群とは対照的なウィスラーの自然と冬期オリンピック開催地の雰囲気を味わった。この時期雨の多いカナダであるが、B.C.ミュージアム前で傘を広げた本校生徒の姿が、現地新聞に写真付きで紹介されるなどうれしいハプニングもあり、好評の中に修学旅行は終了した。
(都合により掲載が遅れました)

《バンクーバー空港にて》
%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

《ビクトリア州議事堂前にて》
%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

《バンクーバーでの楽しい自主研修》
%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E8%87%AA%E4%B8%BB%E7%A0%94%E4%BF%AE%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

《ブッチャートガーデンにて》
%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

《ウイスラー、ロストレイクにて》
%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

《スタレーパークにて》
%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

《怖々ながら渡ったキャピラノサスペンションブリッジ》
%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

《楽しい食事にニッコリ》
%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg

 
文芸コンクール表彰式
2010.02.13
 

 文芸コンクール表彰式が、平成22年2月9日(火)日本大学会館大講堂(市ヶ谷日本大学本部)にて開催されました。
 今年度の本校の成績には、三つの特筆すべき点があります。
 一つは「詩」の部で特選入賞者が出たことです。特選は付属高校の中で1作品だけですから、文字通り付属高校1番であるということになります。大橋優衣さんには表彰式の後の懇談会において、受賞作品の朗読という役割もありました。
 二つめは3年生の横井天真君が特別賞を受賞したことです。特別賞とは高校3年間を通して、文芸コンクールにおいて賞を受けることです。安定した才能と意欲があってこその、とても価値ある賞であると言えます。彼にはさらなる研鑽を期待したいと思います。
 そして、俳句、短歌、詩、小説、読書感想文の全ての部門に入賞者が出たことも素晴らしいことと言えるでしょう。
 緊張の表彰式の後には、和気藹々とした懇談会があります。テーブルの上には、ジュースやコーラ、ウーロン茶、食べやすい大きさのケーキやクッキー、あんまんなどの、甘いものがいっぱい。 一気に付属高校間の交流が始まりました。
 入賞者は下記の通りです。

          
〈俳   句〉 入 選 横 井 天 真(3D)

〈短   歌〉 入 選 横 井 天 真(3D)
        佳 作 斉 藤 有 美(2F)

〈  詩  〉 特 選 大 橋 優 衣(1I)
        佳 作 中 野 梨香子(2M)

〈読 書 感 想 文〉 佳 作 胡桃澤 里 歩(2O)

〈小   説〉 佳 作 菊 川  樹 (1F)

〈特 別 賞〉 3年連続入賞 横 井 天 真(3D)

《日本大学創設者山田顕義先生の銅像前で表彰式後の記念写真》
%E6%96%87%E8%8A%B8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB.JPG

 
<<前の月 メイン 次の月>>